バッテリーもちゃんと買い

『最近のバッテリーの価格って、
「高くない??」』

もうすぐで、梅雨明け間近で
やっと、ジメジメした季節から
解放されそうですね☔

でも、そんな梅雨が明けると
やってくるのは、あの灼熱の
太陽です(^^;)

例年、各地で最高気温更新!!
とか、ニュースで流れて、異常な
暑さですよね(-_-;)

最高気温、37度とかって・・
既に、体温に近いじゃないΣ(・□・;)

昔は、いくら夏でも、最高気温が
32度とかくらいだったような・・・
気候の変動が、現実化
してますよね(◎_◎;)

暑い日が、続くと食欲もなくなり
普通に生活しているだけでも
身体がヘロヘロになりますね(-_-;)

車なんかは、そんな炎天下の元
太陽の光を浴びて、ボンネットに
「生卵」を置いたら、数分で、
美味しそうな「目玉焼き」が
できちゃいそうなくらい、
キンキンに暑くなりますよね(^^;)

そんな中で、ひしひしと耐え抜いている
車の部品の一つが「バッテリー」です。
実は、バッテリーって熱に弱いです・・・
夏に、スマホを外に置いてたら、冷えるまで
しばらくお待ちくださいと、メッセージが
表示されて、しばらく使えなかった
経験した事、ありませんか(^^;)

昔に比べて、今のバッテリーは性能も
良くなってますが、暑さに弱いのは
変わりないです・・・

しかも、今のバッテリーは、昔と比べて
大変、働き者となってます( `―´)ノ

みなさんのバッテリーの値段のイメージって
いくらくらいですかね~(・・?
あまり、交換する機会が少ないから
わかり辛いですよね(^^;)

小型車に乗っていた方は、だいたい・・・
3~4千円くらい(゜-゜)
が、なんとなく印象あるのでは
ないでしょうか??

では、今の小型車の相場は・・・
車種にもよりますが、トヨタのアクアとかで
だいたい・・・2万〇×円・・

おいおい!同じ、小型車なのに
高いじゃないか~( ゚Д゚)
って、思われる方が多いと
思います。

なぜなら、今のバッテリーの役割が
昔と違うんです・・・・・

《スマホと車のバッテリー》

今では、常に手元にあるスマホ。
毎日、夜に充電して、昼間に
使う方が多いんじゃ~ないでしょうか??

スマホって、充電がなくなると
何もできなくなり、下手すれば
生活にも影響するくらい
必需品ですよね(^^;)

車のバッテリーも一緒で、乗る前に
バッテリーがなくなって、エンジンが
掛からなければ、ただの
鉄の箱ですよね( ゚Д゚)

しかも、スマホは、操作していて
バッテリーが少なくなるなら、まだしも
何も、操作してなくても、充電が
少しづつ、減りますよね・・・

これって、「待機電流」っても
言われてて、実は車も一緒
なんです!!

例えば・・・・
車に、時計ついている車
ありますよね~
エンジンかけたら、いつも12:00で
そのたびに、時間をあわせる・・・
な~んて事、ないですよね(^^;)
実は、これが、「待機電流」なんです。

エンジンが掛かってなくても、車には
様々な、機器がついてて、少しづづ
電気を使用して、動いているんですよ。

だから、毎日車を動かしている
方と、月に一回くらいしか、動かさない
とでは、バッテリーの持ちも
変わるんです。

どっちが、バッテリーが長持ちするの
でしょうか???

勿論、毎日、動かしているほうが
バッテリーは長持ちします!
動かしていないほうが、バッテリーに
負担がかからないでしょ(# ゚Д゚)
って、思いがちですが、その逆
なんです(^^;)

《車の発電所》

スマホを充電するには、コンセントに
充電器をさして・・・・
車の、バッテリーは、どうやって
充電しているの・・・(・・?

それは、エンジンのそばについている
「オルタネーター」っていう部品が
その役割を果たしています。

機能としては、夜の自転車に
乗った時に、ライトをつけてくれて
明かりは出るけど、漕ぐのが
少し、重くなるアレです(^^;)

うん・・・
最近は、LEDランプとかで、漕がなくても
点灯するのもありますね(^^;)

「オルタネーター」の仕組みは
エンジンの回転力を活かして
その回転を、オルタネーターを
動かして、電気を発電する仕組み
となります。

実は、これが、昔と変わっていて
バッテリーの性能が求められて
高くなっている要因の一つなんです。

以前の車では、エンジンが掛かると
常に、エンジンの回転を利用して
オルタネーターを『回し続ける
状態でした。

実は、この回す力が、エンジン回転に
抵抗となるんです。
昼間でも、常に自転車のライトを
付けている状態と一緒です・・・
疲れますよね(^^;)

でも・・・
ここ最近は、燃費向上が求められ
エンジンに負担が掛からない
様々な工夫がされています。

その中で、オルタネーターも
エンジン回転の負担になるので
常に回す』から『必要な時に回す
様になっています。

こうなると、電気を蓄える
維持する力』や
繰り返して、『放電』『充電』が
交互になると、バッテリーには
大変負担になります。

よって、それに耐える性能を要求
される『バッテリー』は、以前の
車の様な事に求められる
内容が異なり、その分コスト
が増す傾向になっています。

《車に適したバッテリー》

今の車の多くは、
ハイブリット車など
燃費が良くなった車が多く
なりました。

それに合わせて、バッテリー
変化しており、車の性能に
合わせた、バッテリーを装着
する必要性があります。

又、最近の車は、電動でドアが
開くなど、大変、便利な機能が
装着されるようになりました。

その便利な動きの原動力の多くも、
バッテリーが担っている事が
多いのです。

だからこそ、車に適した
バッテリーを装着して、安心に
ドライブを楽しみたいですよね♬

《取付も安心の当店へ》

当店では、様々な車種の
バッテリー交換を行っております。
車種によっては、
専用の機材を用いての取付や
コンピューターを車と接続して
様々な設定をして取付
必要な車種もあります。

国家整備士の資格を持った整備士
が多くいますので、
安心して、作業をお任せください。

又、バッテリーも国産車は勿論、
輸入車のバッテリーも多く在庫
しております。

一部の車種では、お取り寄せに
なる場合もございますが
多くの種類を扱っています。

月に、数百個の取付、販売を
行っており、その都度、メーカーに
注文しています。

実は・・・
ここが、大事なんです

バッテリーは、接続してなくても
自然に放電していますΣ(・□・;)

ということは・・・・
時間が経過しているバッテリーは
新しそうでも、少し不安ですよね・・・

カー用品店は数多くのバッテリーを
販売しているので、当たり前ですが、
商品を購入し取付する際は、
常に新鮮なバッテリーが装着されます。

又、安心の国産メーカーが製造している
バッテリー
のみを販売しております。

ですので、販売実績が多い
当店で安心して、
鮮度の良いバッテリーを取り付けて、
安心ドライブをしましょう♬

2019年7月9日